財産の差し押さえ

お札をめくる

 親が亡くなった際に不動産を相続するケースがしばしばありますが、財産を受け取ると何かと出費を迫られることになりますので、注意が必要です。まず、所有権の名義人を変更する必要があります。これは義務ではありませんが、所有権の名義人を亡くなった故人の名前のままにしておくと何かと面倒なことが起こりますので、早めに実態に即した形に変更しておくようにするのが望ましいです。変更登記の手続きは司法書士に依頼することになりますから、司法書士の手数料がかかります。それから、登録免許税も必要になりますので、結構まとまった額の費用がかかります。その後に問題になる可能性があるのは相続税です。相続税には、被相続人の死亡後10ヶ月以内に納税するという期限がありますので、それまでに現金を用意しなくてはなりません。もしも現金がない場合には不動産売却を考える必要がありますので、早めに準備に取り掛かることが大切です。

 複数の相続人が存在している場合には、それらの者全員で、遺産分割方法を協議することになります。遺言書が残されていた場合には、その内容にしたがって遺産を分けることになりますが、遺言書がなかった場合には話し合いが必要になります。この話し合いが短期間ですんなりとまとまるケースはあまり多くありません。実際に、相続税の納税期限ギリギリになってから遺産の分割方法が決まることがよくあります。税金にあてられる手持ち資金がない場合には、大急ぎで不動産売却を行わなくてはなりません。そんな時は、業者に不動産売却の仲介を依頼するのではなく、買取業者を探すようにした方がよいでしょう。さもなくば、買取保証付きの不動産売却仲介契約を結ぶようにすれば、納税期限までに現金を手に入れることが可能になります。