建設業界の現在

コールセンターで話す女性

建設業界というのは深刻な人手不足に悩まされています。 政府の賃金向上制作によって賃金は上昇していても人出が不足していることから、国内だけでは人が集まらない状況となっています。 そこで解決策として考えられているのが、短期労働者の受け入れです。建設業界は外国人労働者を喉から手が出るほど必要としており、それによって人手不足を補おうという取り組みがなされています。すでに政府も外国人労働者の受け入れには積極的な姿勢を示しており、建設業界からの働きかけによって一部では実現する見通しとなっています。建設業界が人出を必要としているのは、不動産のプチバブルと並んで国内でオリンピックを開催する予定があることに他なりません。

日本派2020年に東京オリンピックの誘致に成功させ、都内は建設ラッシュとなっています。1964年の時にもオリンピックにともなって建設ラッシュとなりました。 当時は高度成長期と重なったこともあって人材が十分に足りており、費用によって人材を賄うことができましたが、現在は人材不足という問題に直面しています。建設業界の問題点として、譜系にの時に人材育成を怠って人件費の削減ばかりを行ってきたことから人材が育っておらず、さらには人件費の関係から人材不足が問題となっています。この業界では外国人の導入を強力に推進しています。 オリンピックの建設ラッシュから急遽人材が必要な建設業界は、外国人労働をさらに求めています。