建設に掛かる費用

男女の握手

一戸建てはマンションなどの集合住宅とは機能性の面でも異なりますが、費用面についても違いがあります。例えば、マンションの場合管理費などが必要ですが、一戸建ての場合はこれが必要ないのです。 基本的には自分で積み立てて、修繕が必要な部分が出てきたら対応するというスタイルになっています。この目安は年間で20万円〜50万円ほどで、毎年使うわけではないものの、できればこのペースで費用をためておきたいという1つの目安です。 それから、一戸建ての場合特に言えるのが防犯対策です。やはりマンション等よりも道路に面している面積が多いということもあって、年間で1万円〜3万円程度は防犯対策にかける費用が必要になると見ておいたほうが安心です。

住居は数千年前からその形式を変えて存在してきましたが、建築業者などによって確立されるようになり、一戸建てなどに住むスタイルが一般化してきたのは明治時代に入ってからです。 1930年頃はまだ集合住宅や長屋のようなスタイルから一戸建てというスタイルが確立してきて、通常の家であっても1階〜地下を含む4階建てのような物件に住む人が増えてきたのです。 最も施工数が多かったのは1970年〜80年にかけての時期で、この頃は正に建築ラッシュだったと言えます。その頃に建てられた物件は現在、リフォームやリノベーションされていることが多く、まだ現在も使い続けられている状況です。建築様式や技法などはこれからも変わり続けるだろうと見られています。